メキシコ 
カンクン

カンクン  カンクン(Cancun)は、メキシコ南東部のカリブ海沿岸、ユカタン半島の先端に位置する観光都市で、1970年代にメキシコ政府の先導でリゾート地として開発されました。現在は年間で300万人を超える観光客やセレブリティーが訪れる、世界的に知名度が高いリゾート地となっています。
 市街地は珊瑚礁の周りのホテルゾーンとダウンタウンに別れており、ホテルゾーンの周りには100軒を超えるリゾートホテルや豪華な別荘が立ち並んでいます。大規模なリゾート地ではありますが、メキシコ政府による開発規制が行われていることもあり、海水が非常にきれいで、リゾートホテルの目の前でも海水が透き通っており、泳いでいる魚を間近に見ることができます。
 また、ダイビングやクルージング、カリブ海をクルーズする大型客船の拠点として有名なだけでなく、近くにトゥルム遺跡など、数多くのマヤ文明後古典期の遺跡があることから、それらの遺跡見学の拠点としても利用されています。
 
カンクンのホテル

カンクンの観光名所:

 シェルハ自然水族館(XEL-HA NATURAL AQUARIUM)世界最大の自然にできた国立公園の水族館。 透き通る水の中にサンゴ礁のラグーンが数多くあり, 色鮮やかなカリブの熱帯魚が泳いでいます。イルカと一緒に泳ぐコースは人気のプランのひとつです。
 
 シカレ(XCARET)カンクンから南へ約1時間のところに位置するウォーターパーク。かつては地下を流れていた川を利用した「フローティング アドベンチャー」が作られています。マヤ文明の建物もあります。シュノーケリングなどのウォータースポーツが楽しめる場所です。
 
 トゥルム遺跡(RUINAS DE TULUM)カリブ海沿岸の高さ12mの断崖に立つ、マヤ文明期の14世紀末頃に最も栄えた宗教都市の遺跡です。中でもカスティージョ(EL CASTILLO)と呼ばれる大神殿や、壁画の神殿(TEMPLO DE LOS FRESCOS)などが主な見所となっています。
 

Copyright © 2005-2009 Mexicoing. all rights reserved.